二次会の衣装はカラードレスが最適?どんな衣装が人気なの?

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/05/24


多くの人にとって一生に一度の結婚式。結婚式のあとに二次会を行う場合、衣装をどうするかは悩みどころかと思います。せっかく二次会をするなら衣装も素敵なものにしたいですよね。二次会には新郎新婦の衣装の決まりというものはありません。基本的にはなんでもOKです。今回は結婚式二次会の衣装の種類や選ぶポイントなどについてご紹介します。

二次会でもウェディングドレスが人気

やはり花嫁のウェディングドレス姿は特別感があり、ゲストとしては見たいもの。二次会のみに出席するゲストが多い場合はウェディングドレスを選ぶと喜ばれます。挙式や披露宴は親族のみで行い二次会は友人たちと、という場合だとなおさらですね。

お気に入りのウェディングドレスを着て、大切な友人たちに祝福され、楽しい会話に花を咲かせるのはこの上ない幸せな時間になるでしょう。そしてなんといってもその存在感は圧倒的です。「白」「華やか」これは花嫁だけの特権です。二次会の会場が広い場合や、ゲストが多い場合でもウェディングドレスなら主役である花嫁を華やかに演出してくれます。

また「ウェディングドレスをオーダーして購入している」「結婚式や披露宴を豪華にした」など出費が多い場合、二次会で別の衣装を用意するより費用が抑えられるというメリットもあります。ぜひウェディングドレスで二次会に参加してみてはいかがでしょうか?

カラードレスでガラリと雰囲気を変えてみよう!

挙式や披露宴のゲストが二次会にも多く参加するなら、カラードレスで雰囲気を変えてみましょう。ウェディングドレスはもちろん素敵です。

しかしカラードレスにもウェディングドレスとはまた違った華やかさがあります。二次会が明るい時間帯に行われるなら明るめ・やわらかめの色合いのものを、夕方から夜の時間帯に行われるならシックな色合いのものとそれぞれの時間帯に合わせたものをチョイスすることで、カラードレスは花嫁の存在感を一層際立たせてくれます。

カラードレスには実にさまざまな色やデザインがありますが人気のカラーをいくつかご紹介しますので、ぜひドレス選びの参考にしてみてくださいね。

柔らかなピンク

不動の人気を誇っているのがピンク系のカラードレスです。甘く可愛らしい雰囲気が支持されています。シーズンもとくに問わず、着用する時間帯も気にする必要がないため人気のピンクですが、とくに春にはぴったりですね。ふんわりとしたデザインの物を選べばプリンセスさながらの装いになるでしょう。

さわやかなブルー

ブルーはすっきりとした印象に。可愛らしくなりすぎず、スタイリッシュに仕上がります。暑い夏でも涼しげな雰囲気で見ているゲストにもさわやかさを感じてもらえそうです。また、青い服は輪郭をはっきり見せるので着痩せ効果も期待できます。

■エレガントなレッド

人目を惹くレッドのドレスは大人で落ち着いた雰囲気を演出できます。とくに夜の時間帯の二次会などにはレッドでキラキラとしたデザインのものを選べばエレガントさが際立ちます。

これらの他にもいろいろなカラーやデザインのドレスがあります。自分の好みのドレスや、会場やゲストの雰囲気に合わせたものなどチェックしてみるといいですね。

自分の好みや個性に合わせて選ぶのもアリ!

ウェディングドレスとカラードレスについて紹介しましたが、二次会の雰囲気や自分の好み、個性も大切にしたいものです。二次会の衣装はなにもドレスでなくてもよいのです。自分好みの衣装などを着るのもよいでしょう。最近の二次会は実にさまざまなスタイルで行われています。

たとえば二次会がアットホームな雰囲気で行われるものだったり、ゲストの人数が少ないものだったりするとウェディングドレスやカラードレスではやや浮いてしまうという場合もあります。そんな時にはカジュアルダウンしたパーティードレスや限りなくワンピースに近いものを着用するのもよいでしょう。

また、気心知れた友人ばかりの二次会であればパーティードレスの上から新郎新婦が共通して好きな球団のユニホームを羽織ってみたり、学生時代の同級生結婚なら制服を着てみたり…。好みや個性を前面に押し出した二次会も笑顔に包まれた、思い出に残る素敵なものになります。

 

二次会の衣装についてご紹介してきましたが、これが正解という絶対的なものはありません。ウェディングドレスもカラードレスも自分好みの個性的な衣装も、どれを選んでも思い出に残るものになるでしょう。しかしゲストの中には結婚式らしさ、花嫁らしさを求めてお祝いに来ている人が少なからずいるというのも事実です。どんな衣装を選んでも、どこかに花嫁らしさを添えるとなお良いですね。会場の広さ、ゲストの人数や服装、新郎新婦の想いなどを考慮したうえで最適なものを選んでいきましょう。ぜひ今回の記事を参考に、二次会の衣装を選んでくださいね。

おすすめ関連記事