結婚式場のタイプは大きく分けて4つ!それぞれのメリット・デメリットを知ろう

公開日:2022/12/15  最終更新日:2023/01/13

人生の一大イベントである結婚式は、ふたりがどのような結婚式にしたいかイメージすることが大切です。結婚式には大きく4つのタイプがあり、どのような種類の式場を選ぶかによって雰囲気や演出、対応できるゲスト数などが異なるからです。そこで本記事では、式場のタイプごとの特徴について解説します。

ホテルで結婚式を挙げるメリット・デメリット

式場をどこにするかによって、どのような結婚式にできるかが変わります。ゲストの数や演出、料理、おもてなしなど検討すべきポイントは多いですが、何を優先したいか考えるたうえで、式場探しをするのがおすすめです。

また、いきなり式場探しを始めるのではなく、式場ごとのタイプを押さえたうえで会場の見学を行いましょう。まず、結婚式場には「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」の4タイプがあります。

昔は結婚式といえばホテルというイメージが定着していたほど、定番の会場でした。ホテルの魅力の一つはホスピタリティが高いことでしょう。ホテルは結婚式だけでなく、毎日宿泊客をおもてなししています。

スタッフ全員がゲストに対してレベルの高い対応ができるため、安心して対応を任せられます。また、ホテルはエレベーターや化粧室、衣装室、美容室など設備も充実しています。

格式の高いホテルなら両親や親戚も結婚式に喜んで参加してくれるでしょう。さらに、大人数のゲストに対応可能なこと、遠方からのゲストがそのまま宿泊できるのもホテルの魅力です。

ただ、ホテルは結婚式だけに対応しているわけではありません。さらにホテルの場合、1日に複数組みの結婚式に対応しているケースが多いでしょう。そのため、スケジュール通りに結婚式が完了するよう、特殊な演出には対応してもらえないことが多いです。

ドレスや料理も提携している会社があるため、持ち込みには対応していないケースがあります。つまり、オリジナリティのあふれる結婚式をしたい場合、ホテルは不向きです。

また、移動中に見ず知らずのホテル利用客に出会う可能性が高く、プライベートな空間を望む方にとってもデメリットに感じるでしょう。

専門式場で結婚式を挙げるメリット・デメリット

専門式場とは、結婚式をするために作られた施設のことを指します。結婚式に特化している分、ふたりの理想通りの結婚式にするために演出を工夫したり、サポート体制が充実していたりするのが魅力です。

また、結婚式のための会場であるため、控室や受付、会場までの動線がスムーズで、ゲストに移動の負担をかけることがありません。本格的なチャペルや神殿があるのもメリットといえるでしょう。

ただし、専門式場には宿泊施設がありません。もし遠方からゲストを招待するなら、自分で宿泊施設を取ってもらうことになるでしょう。

さらに、1日に数組の結婚式を行うため、入れ替え制となります。時間が延長されることは基本的になく、スケジュール通り進めるよう調整されます。披露宴が盛り上がっても、次の演出に移らなければならないといったケースも発生するでしょう。

ゲストハウスで結婚式を挙げるメリット・デメリット

ひとつの邸宅を貸切って行うゲストハウスは、完全プライベートな空間で結婚式ができます。会場を貸し切りにするため自由度が高く、入口から会場内、出口までコンセプトに合わせてまるごとコーディネートできます。

カジュアルな雰囲気にしたり、フォーマルな雰囲気にしたりと自由な演出が可能で、オリジナリティあふれる結婚式にできるでしょう。

しかし、広い敷地が必要になるため、アクセスが不便になることが多いです。駅から離れている場合はゲストにタクシーで来てもらう必要があります。また、開放感のあるガーデンウェディングもゲストハウスの人気のプランですが、天候に左右されやすいのがデメリットです。

レストランで結婚式を挙げるメリット・デメリット

レストランで結婚式を行う場合のメリットは、やはり料理がおいしいことでしょう。レストランで結婚式をする場合、基本的には家族や親しい友人のみで、アットホームな雰囲気にできることが特徴です。思い出に残る料理を提供したい、ゲストとの距離感を大切にしたいという場合に適した式場といえます。

ただし、結婚式を専門としているわけではないため、可能な演出に限りがある、控室がないなどはデメリットといえます。充分な広さがないため、ドレスを着て歩くには狭く感じられることがあるのもレストランのデメリットになるでしょう。

まとめ

結婚式はふたりがどのような式にしたいかイメージすることが大切です。ただ、いきなり式場探しをするのではなく、式場の種類ごとの特徴を押さえたうえで式場探しを行いましょう。

結婚式場には「ホテル」「専門式場」「ゲストハウス」「レストラン」の4タイプがあり、それぞれ特徴が異なります。何を叶えたいかを明確にし、式場タイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめ関連記事